定額預金の人気ランキング

ゆうちょが行っているので有名な定額貯金ですが、実はネットバンクの定期預金で預けたほうが金利や手数料でもはるかにお得だったりするのはご存じですか?

トップページ > 定期預金と定額預金の違いは?

定期預金と定額預金の違いは?

定期預金と定額預金は、名前が非常に似ているので間違いやすいのですが、定額預金というのは、ゆうちょ銀行が独自で販売している金融商品ですが、定期預金というのは、内容は各銀行ごとに違いますが、どこの銀行でも取扱いをしている金融商品です。

銀行が取扱いをしている定期預金は、1ヶ月や半年、1年や3年など、自分で預け入れ期間を選べて、その満期がくるまでは、普通の預金より高い利子がつくという金融商品です。

銀行では、定期預金をしてもらうためにキャンペーンを行ったり、定期預金でも満期を銀行側で決める代わりに通常より高金利の設定で、どんどん預金をしてもらうようにして運用にも力を入れています。

定期預金は預け入れる日によって、利子が変わるので、高いときに預け入れをすれば満期になるまで高金利のままなので、かなりお得です。

でも満期になる前に解約すると通常の利子の計算になる場合があるので、預け入れる時に、中途解約についてどういう条件になっているか確認しておくのがお勧めです。

定額預金は、預け入れをしてから6ケ月が過ぎれば、払い戻しなどが自由になるので、中途解約などの必要がありません。

ただし、預け入れ期間は6ヶ月以上からなので、定期預金が1ヶ月から出来ることを考えると長く感じるかもしれません。でも、定額預金は半年複利で利子が増えていく計算になるので、定期預金よりも最低の預け入れ期間が長いのはしょうがないですね。

定額預金と定期預金の違いはいろいろありますが、長く預けるなら定額預金、短く預けるなら定期預金という風に考えていいのではないでしょうか。

お金のマメ知識

@